風呂敷の魅力

風呂敷アレンジ

色んな包み方風呂敷の歴史についてはあまり知られていませんが、
物を包む布としてのことの起こりは奈良時代にそれを見ることができます。

その後平安時代にはひらつつみと呼ばれて、庶民の衣類を包んでいたとのことです。
この時代には、入浴する時、裸ではなく白衣を着て入ったのだそうです。

独自性

そのために入浴前後に着替えをするのですが、
広げた布の上で着替えたのです。


その布のことを風呂敷と呼んだとの説もあります。
その後室町時代になりますと、風呂は蒸し風呂のようなものだったために
むしろすのこや布などが床に敷かれていたのです。

 

それが風呂敷の起源であるとも言われています。
江戸時代に、銭湯が誕生してからは風呂にいくために物を包んでいたので
風呂敷包みや風呂敷と呼ばれるようになったのです。

その後は行商人たちにより風呂でしくものから、包む布として全国に広められていったのです。

風呂敷を使って簡単リメイク

結び方の工夫

現在ではもちろん物を包むことはしますが、それをアレンジして
いろいろと楽しむようになっています。

結び方を変えるだけでエコバッグにしたり、リュックにアレンジをしたり、
デザインや素材も種類が豊富にありますのでいろいろな形に
アレンジをして楽しむことができます。

古人が使っていたものを、現代風にアレンジを重ね、今もなお
風呂敷は多くの人に愛され続けています。

包むだけではなく、テーブルクロスやクッションカバーなど
インテリアにまで応用の幅が利く風呂敷は、1枚持っておくだけでも
決して無駄になることはないでしょう。